女性にお勧めの銀行印の印鑑の選び方

銀行印イメージ

印鑑は3本が必要だと言われています。逆に言えば3本あれば十分だと考えられています。
一つが実印、2つ目が銀行印、3つ目が認印です。

それぞれに印鑑の大きさを変えていれば迷うことはありません。
3本の中で一番大きく作ればいいのが実印です。次いで銀行印、一番小さいサイズは認印です。

では女性が作る銀行印の大きさはどの程度が一番適しているのでしょうか。
サイズに決まりはありませんが、あまり大きすぎても使いにくいでしょう。

銀行印は、12ミリもしくは13.5ミリで作られるのが一般的です。
男性と比べて小さな手にもすっぽりと収まりが良い印鑑のサイズになりますね。

結婚を機にフルネームの印鑑を作る人もいます。

既婚者の場合は名字が変わることはありませんが、独身の場合は結婚後に名字が変わる可能性があります。
そのため、性は入れずに名前だけの印鑑にする人も多くいます。

男性の場合は高級感のある印材を好む人も多いですが、女性の場合は、カラフルなものにしたり、花があしらわれているような華やかなものにする人も多くいます。

何度も買い替えるものではなく、一生ものとして作ることも多い印鑑。
自分が気に行った素敵なものを作れば使うたびに満足感を感じられるのではないでしょうか。

ページの先頭へ