法人の銀行印は重要な印鑑、定番の形は?

銀行印イメージ

銀行印は大切に保管しなければなりません。
通帳と銀行に届け出た印鑑があれば通帳本人でなくても、お金を引き出すことができてしまいます。

これは個人に限った事ではありません。法人の銀行印も同じです。
会社が預金の支払いや手形・小切手に押印するために利用します。

銀行に届ける会社の印鑑ですから、扱いには十分に気をつけなければなりません。
金銭を動かすことができる印鑑ですから、悪用されないためにも実印とは別のものを使用しましょう。

金融機関によって印鑑を使い分けている場合は、どれがどの銀行の印鑑かわからなくなってしまいます。
他の人には理解できなくても、印鑑を保管している人にはわかるような目印を付けて行くと良いでしょう。

法人の銀行印として定番の形があります。

「天丸タイプ」です。天丸タイプは瓢箪のようなフォルムをしています。
手になじみやすく、押しやすいので定番として人気があります。

一般的な「寸胴タイプ」も使っている人は多くいます。
天丸タイプと比べると料金が安いので収納するためにケースも選ばないので、寸胴タイプを銀行の印鑑にする会社も増えてきているようです。

会社の銀行印は外枠に会社名、内枠に、「銀行之印」の文字が入ります。
16.5mm~21.0mmで作られますが、一般的には16.5mmで作る会社が大部分を占めます。

ページの先頭へ