シャチハタの印鑑は銀行印に不向き?

銀行印イメージ

印鑑を作るのが面倒だし、朱肉を利用するのが面倒だと思う場合には、シャチハタが便利ですよね。
では銀行印に利用することができるのでしょうか?

実は銀行印としては認められない場合が多いのです。
印鑑の中でも朱肉が必要ないですし、スタンプのように気軽に押せるのでかなり便利ですが、簡単に偽造される可能性があるので、銀行の印鑑としては認められていません。

ゆうちょ銀行や一部の信用金庫では認められているようですが、銀行印として登録することはあまりお勧めできません。

日本中で愛用されているために、どの家庭も便利なために一つは持っている印鑑だと思います。
頻繁に使用するのは宅配便の受け取りなどでしょう。

また、回覧板に名前を書くのが面倒な時にはサイン代わりに押す人もいるでしょう。
印鑑と言うよりもネーム印のスタンプですね。

気軽に押せて便利ですが、印鑑の中では低いランクのものととらえられています。
財産に直接関係のある銀行印は恥ずかしくない程度のものを使いたいですよね。

大量生産になっているので、どの字体もほとんどが同じです。簡単に偽造が可能なのです。
認印として使うのはいいですが、そのほかの利用は防犯上好ましくありません。

ページの先頭へ